お知らせ

2024-01-28 11:40:00

会員の金子さんに1kg玉の

二八そばを打ってもらいました。

地延しが終わったところで鈴木さんが

食紅で45°ずつ直径の線を引きました。

IMG_7886.jpeg

IMG_7890.jpeg IMG_7891.jpeg IMG_7892.jpeg

 

丸延しをして、いよいよ角出しです。

 

IMG_7894.jpeg

 

IMG_7895.jpeg

 

IMG_7896.jpeg

 

IMG_7897.jpeg

 

IMG_7898.jpeg

 

IMG_7899.jpeg

 

IMG_7900.jpeg

 

どうでしょう。

意外と上手に角出しができたのではないでしょうか。

 

IMG_7902.jpeg

 

肉分け、本延し、たたみ、切り

 

IMG_7904.jpeg

 

IMG_7907.jpeg IMG_7908.jpeg IMG_7911.jpeg

 

IMG_7912.jpeg IMG_7915.jpeg IMG_7917.jpeg

 

 

金子さんありがとうございました。

 

それから、ゆで時間の違いで

金子さんのそばの違いを味わいました。

 

まずは、ゆで時間40秒

IMG_7916.jpeg

IMG_7918.jpeg

 

まだ、芯が残っていて、

鴻巣弁で「しんぎりしんぎり」しているそばです。

 

 

続いて、ゆで時間60秒

 IMG_7919.jpeg

IMG_7920.jpeg

 

まだ、いつも食べているそばとはなんか違う。

違和感があります。

 

そして、いつもの1分20秒

IMG_7922.jpeg

IMG_7923.jpeg

 

これこれ、これです。

そばの味も色味もこんなに違うのか。

” ゆで不足のそばをお客に出してはいけない "

という理由がよく分かります。

 

 

家に帰ってからゆで時間2分を試してみました。

IMG_7925.jpeg

IMG_7926.jpeg

 

ゆですぎると、

そばの角がなくなってしまうと言いますが・・・。

皆さんも試してみてください。

 

 

IMG_7883.jpeg 金子さんの麺棒。

豆乳で磨くのだとか。

光ってます。